喜びのときを創造/プラトンホテル四日市

お知らせ

Information

【プレスリリース】プラトンホテル四日市が漁村ホテルを三重に展開

プラトンホテル四日市が漁村ホテルを三重に展開

食材の上流にさかのぼるプロジェクトを推進中

 

プラトンホテル四日市と株式会社ゲイトは、三重県の食文化を守り、育てることを目的に、新たな農林水産業バリューチェーンの構築を通じて、企業活動のCSV化を目指します。 プラトンホテル四日市は地域の特徴を生かすべく「みえの朝ごはん」など積極的に展開し、独自の路線を歩んでいます。

より一層の推進がお客様への価値創造として、ホテル、ホテル内宴会場、ビアガーデンに留まらず、グループ飲食店20店舗への展開を考えています。本企画のパートナー企業ゲイトは、首都圏において居酒屋を経営しつつ、東紀州エリアである熊野市二木島での水産物加工品製造や、尾鷲市須賀利および熊野市甫母で小型定置網漁をおこなっています。

すでに、すいーとぽたけ(三重県鈴鹿市 )への視察体験およびプラトンホテル四日市での仕入れ、ゲイトが取り組む定置網漁体験、スタッフ研修、および、体験時の漁獲品をホテル屋上ビアガーデン等での提供などを推進する中、より一層、食材の上流へさかのぼることにより三重の食文化への想いが増し、一次産業や地域活動についての大切さを痛感しております。

食材の上流にさかのぼるプロジェクトは発展し、プラトンホテル四日市として、漁村ホテルの展開と、一次産業である漁業への参入を決意しました。三重県内最大の消費地である四日市と三重県内の漁村に顧客が回遊してもらえるようにし、三重の自然と食の魅力を満喫していただきます。

その上での今後計画されているのは下記です。

1.パートナー企業であるゲイトの加工拠点(二木島)を活用した水産加工への参入

2.尾鷲市須賀利、熊野市二木島へのサテライトオフィスの設置

3.プラトンホテル四日市「みえの朝ごはん」、学校法人暁学園学食へお魚メニューの展開

 

【共同プロジェクトパートナー】
株式会社ゲイト  URL:http://gateinc.jp/

 

【問合せ】

株式会社プラトンホテル 専務取締役支配人 黒田美和 TEL 059-352-0300

一覧へ戻る

pagetop